廃屈な日々〜旅と廃墟の回顧録〜

静岡県を中心にちょっと違った旅の記憶と記録。

桜舞い散る木造校舎 山梨県 廃校 

散りゆく桜 朽ちゆく校舎

晩春に訪れた廃校。

満開の桜を期待したが時すでに遅し。非情にも桜の多くは散っていた。

 

山間の集落にある木造校舎。

 

校舎といっても分校であるため教室ひとつ分しかない。

1963年開校、1988年閉校と現役期間より長い余生を過ごしている。

 

外観は見ての通りで崩壊がかなり進んでいる。

 

外装は剥がれ建物は歪み、屋根に穴が開いてしまっている状態。窓ガラスは残っている方が少ない。

 

廊下は傾き天井には崩壊の跡が見える。

 

教室には机が2台。そして・・・

 

床に広がる桜の花びら!

 

風が吹くと桜の花びらが天井や窓から室内に舞い落ちる。

今まで見たことのない幻想的な光景だ。

 

穴の開いた天井の下はまるで桜の絨毯。

薄暗い室内に差し込む光が美しい。

床のピンク色はこの時期でしか見れない貴重なもの。

 

桜を抜きにしても教室は木造校舎らしい暖かみで溢れている。

 

木目調の床に壁の水色や机の緑・・・どうしてこんなに素敵なんでしょうか?

 

開放的な窓から新緑の足音。夏の到来を予感させる。

 

前後の黒板。

面白い落書きは特になし。チョークや黒板消しも見当たらず。

それにしても黒板ってこんな感じに剥がれるんすね。

 

唯一の残留物がこれ。

鏡だろうか?この素朴な教室とは似つかない感じが逆にいい。

 

差し込む光が本当に美しい。

写真における光の大切さを再認識させてくれる。

 

この校舎の訪問は二回目。

前回は日没後であったため、こんなに収まりの良い写真が撮れる場所だとは夢にも思わなかった。

 

いい時間をありがとう。

 

最後に廊下を数枚。

建物の四隅に崩壊の跡が目立つため、屋根が落ちてくるのは時間の問題か。

 

散りゆく桜と朽ちゆく校舎、散り際の美しさがここにはあった。教室にひらひらと舞う桜の花びらの幻想的な光景は、きっと来年も思い出すだろう。

 

満開の桜も見てみたいけどね!

 

飛騨街道「金山宿」の街並み

筋骨巡りに銭湯跡、それだけじゃない。金山の魅力は街並み全体に溢れている。

 

駅から歩くこと5分、飛騨川を渡り橋本町商店街に到着する。

 

街歩きで最初の印象はとても大事。

それがその日の期待感に直結するといっても過言ではない。

 

それがこれ!

 

ここ山間の商店街っすよ・・・。

想像の遥か上を行くファーストコンタクトに驚きを隠せません!

 

こちら「居酒屋しのぶ」の物件。

旅館を改装したらしき大型の建物だ。

 

そこかしこに意匠溢れる中でも玄関周りの装飾が印象的。カラフルなタイルが華やかであった。この辺りは遊郭もあったそうで関連物件の可能性も否定できない。

 

弧を描く商店街は例外なく美しい。

軒先にある飾りが田舎町らしい雰囲気を盛り上げる。

 

商店街としてはシャッター街で間違いない感じか。日曜の昼下がりだったが開いている店は皆無に等しい。

 

山間の町ながら様々な種類の店が並ぶ。まさに横の百貨店。

 

この辺りはもしかしてもしかするかも。

遊郭や赤線跡を歩いているとどうしても色々と勘ぐってしまうものだ。

 

こちらの理容店も見事な円柱とタイルの装飾があった。

 

分岐を経て飛騨街道の宿場町へ向かう。

 

さっそく目に入ったのがこの料亭跡。

存在感の際立つこの物件は観光ガイドでも紹介される明治8年の建物。

屋号は「清水楼」と晩年は鰻屋だった様子だが、現在は営業されていない。

 

料理店の鑑札あり。

 

その向かえに建つ旅館「福寿美」もインパクトがあった。

 

モダンなデザインが特徴的な3階建ての物件。よく見ると左上に丸窓がある。

 

1階部分にカフェを併設。「DOUMU」漢字にすると童夢で良いのかな?なんだか超能力が使えそうだ。

 

看板の奥に円柱の装飾あり。

 

裏手には割烹旅館と看板がある。

 

近くに古地図の看板。

 

その脇の路地に何やらベンガラの建物が・・・。

 

みんな大好き丸窓。

 

これは遊郭の遺構とみて間違いなさそう。

 

まさかこんなに状態のものが残っているとは思いも寄らなかった!

 

向かえに建つ円柱の物件は民泊施設としてリノベーションされている。

奥にある建物も何だか怪しい。

 

飛騨街道へもどる。

この時点で最初の期待感を上回る収穫だった。

 

それでも街に足を踏み入れたばかり。まだ終わらない。

 

独特な佇まいの住宅。

 

モザイクタイルが使われている物件も多く残っている。

 

ここを降りるとハウルの城へ繋がる。

 

宿場町らしい旅館「清水屋」もあった。

 

こうして見ると宿場街道にしては狭い道幅だ。それでも宿場町や歓楽街として栄えた面影もあり情緒溢れる場所であった。

 

こちらが飛騨街道と筋骨を挟んである劇場通り。その昔、映画館があったらしく商店街が形成されている。

 

飛騨街道と劇場通りを結ぶ路地。

 

劇場通りも営業している店は少ない印象。

 

紫色が艶めくスナック跡と思われる物件。

 

劇場通りと飛騨街道は国道に繋がっており、いい感じのパチンコ屋の看板があった。

 

街全体がレトロなままというのか、狭いエリアなのに雑な散策だとあれもこれもと目移りしてしまうから何かしらテーマを決めて行くのがいいかもしれない。そもそも普通の観光客は筋骨めぐりだけで充分満足されると思う。

 

最後にこちら。

 

「分を弁えろ、痴れ者が」

 

はい、呪術廻戦でお馴染みの両面宿儺様が鎮座されています。

 

ここを探すのに随分と苦労した・・・。

最初に調べて目星を付けていた場所と真逆の位置で彷徨っていたら偶然出くわした感じ。記憶力は人より良いと思ったけれど、ただの凡夫だと痛感しました。

 

紛らわしいことに飛騨金山には宿儺像が二体。

のっぺらぼうより頭がふたつある方が好きかなー。

 

以上で飛騨金山は終わり。

想像以上に味わい深い街並みが広がっていた。”飛騨金山には訪ねてみたい場所がある”なんて宣伝文句があるけれど、こうして訪ねてみないと分からない良さもたくさんあったと思う。筋骨や銭湯跡みたいなキャッチーな部分だけでは語りきれない素敵な場所で間違いない。

旭湯 飛騨金山 銭湯跡

金山宿に残る銭湯跡

前回は飛騨金山の筋骨めぐりを記事にしたが、こちらが本命の場所。

 

金山宿にあった「旭湯」という銭湯跡。嬉しい事に内部を無料で見学できるのだ。

 

ただし男湯のみ。

女湯は覗くとセクハラになる恐れから見学が不可となっている。

 

扉を開けると脱衣室。

室内は無人で薄暗い。資料館のような整備はされておらず、営業終了してから手付かずの状態だ。見学の際に連絡や予約の類も無く、気軽に立ち寄れるのもポイントが高い。

 

入り口右手に番台、左手にロッカー。天井にレトロな扇風機が付いている。

 

扉を閉めるとかなり暗い。

 

木製のロッカー。

 

番台。

置かれている物全てがレトロ可愛い。

 

帰る時に目が行くであろう「きょうも気をつけてね」の標語も可愛い。

 

扇風機。もちろんエアコンなんてありませんよ。

 

カレンダーは1988年と閉業当時そのままの掲示物が残っている。

日本赤軍の手配書が時代を感じる。

 

入浴料金は100円とある。

おそらく一般公衆浴場の分類だろう。この手の場所は県の条例で料金が定まっており、現在の岐阜県の料金は460円となっている。現在の感覚だと破格の料金。

 

住所と電話番号がかなりアバウト。だが、それがいい

 

セクシーな営業最終日の写真が飾ってある。

 

大阪・伊勢までは結構遠いかも。

 

扉の向こうは浴室。

扉横のちり箱、見学した時に気がつかなかった・・・。写真に夢中になると周りが見えなくなる悪い癖が出てしまった。

 

扉周辺は意匠の凝ったデザイン。

 

富士山と撫子の花?

これはどこから見た富士山なんだろう。

 

こちらは松竹梅が水墨画調に描かれており風流な気分。

 

それでは浴室へ。

 

浴室はゴージャスなタイル貼りが特徴的。

白黒のデザインがモードな感じで古さを感じないけれど古いんですわ!

 

・・・言葉で表現するのが難しい。伝わるかなこの感覚。

 

出入り口横には掛け湯の水槽。

 

広々とした天井と頑張れば覗けそうな女湯。

 

浴槽はロッカーの数とどう考えても釣り合わない大きさ。

4・5人くらい入れれば良い方か。浴槽の深さからして座れそうにないかも。

 

浴槽の中は本業タイルがびっしり。

地方へ行くと色々な銭湯へ行くが床面の本業タイルは珍しい。

 

浴槽から見た風景。

 

記念撮影用のうちわ。こういう時にぼっちだと悲しくなるのは秘密。

 

掛け湯はもちろんのこと、体や髪を洗ったりするのもここの湯を使ったのだろうか?

 

侵食する緑。

 

こちらの底にもモザイクタイルがびっしり。

 

女湯の方も気になる所だが、こればかりは仕方ない。それでも極上の空間に浸れた喜びは大きい。充分に満足がいった。

 

本当に遥々と来た甲斐があった!

これを残してくれた方には感謝の気持ちしかない。しかも無料。もちろん合法的だ。維持費の募金なんかあれば惜しまないぞ。

 

銭湯の脇に伸びる筋骨。

ひとっ風呂浴びた者とこれから向かう者が交差する事もあったのだろう。消えていった昭和の銭湯文化に思いを馳せるのも良きかな。今後とも末長く残ってもらいたい。

路地裏の迷宮「筋骨めぐり」 飛騨金山

異次元世界へようこそ

古くは飛騨街道の宿場町として栄えた岐阜県下呂市金山町。

Googleマップを眺めていると「筋骨めぐり」という聞いたことのない言葉を発見した。調べてみると飛騨地方で筋骨と呼ばれる迷路のような路地裏を歩く観光コースということだった。

 

筋骨の由来は「飛騨街道は住人以外の人間や荷車の往来が激しく危険なため、建ち並ぶ民家の隙間に生活用として人が1人通れる程度の道幅の裏道がたくさん作られ、筋や骨が複雑に絡み合う人間の体に例え「筋骨」と名付けられた。」ということで、飛騨金山には昭和の世界で止まったかのような筋骨がたくさん残っているということ。観光パンフレットには”異次元・異時代・異空間に迷い込んだかのような不思議な世界を探検”なる文字も並び、否が応でも期待が膨らむ。

 

こちらが飛騨街道。この裏手に路地があるということだが、どこから取り掛かれば良いのやら・・・。

 

ポスターを発見。

 

ちょうど飛騨街道と劇場通りという通りの間に位置している水路沿いの路地を進む。私道ではなく公道ということで誰でも通れる道だ。

 

ひと一人通れるくらいの幅の路地。

左側の建物が解体されていなかったらもっと圧迫感があったのだろうね。

 

それでも充分魅力的な路地だ。

 

橋の上から筋骨を見よう。

俯瞰で見ると狭さが良く分かる。

 

この水路に跨る建造物がイイ!

 

家の軒下をくぐる。不思議な感覚だ。

 

水路には炊事場的な共同施設が残る。

郡上八幡にも似たような場所があったな。

 

一際目を引くこの建築物。

配布されたMAPを見ると「ハウルの動く城」と名付けられていた見所のひとつ。

 

確かにハウルっぽい。

トタンの感じがディストピアな雰囲気。マッドマックスやウォーターワールドの世界観みもある。

 

この辺りが筋骨めぐりの花形か。ハウルの城以外にも見所がたくさんある。

 

橋の先の細い支柱の角度が凄い。

 

階段を登ると飛騨街道。

 

これ初見で降りる観光客はまずいないでしょうね。

 

この先はさらなる異次元ゾーン。

 

これ行くか?って感じの細い路地。

写真で見返しても住宅と住宅の間にしか見えない。筋骨めぐりなんて言葉がなければ手前の階段で迂回していただろう。

 

振り返って見ると道に見える・・・感覚が麻痺しているだけか?

 

床下も”抜けられます”

 

とんでもない所に設置された扉たち。昔は橋でも掛かっていたのだろうか。

 

※公道です。

 

完全に人の家の勝手口にしか見えないけど公道。

 

ここまで一本道なんだけど、コロコロと変わる風景は確かに不思議な感覚を覚えた。ポスターやパンフレットのコピーライトに偽りなし。

 

とりあえず終点。

 

この坂は赤いレターボックスの横と繋がっている。

 

そして筋骨はここだけではない。

むしろ”体の筋肉や骨のように複雑に絡んだ街並み”がここだけで終わるはずがない。

 

こちらにも共同の水場がある。井戸端会議が捗りそう。

 

生活感のある階段は大好物。

 

全て紹介していたらキリがないのでこの辺りで締めますか。

 

異次元・異時代・異空間に迷い込んだような不思議世界の名は伊達でない。目眩く変わる風景は夢の中というのか、言葉では言い表せない不思議な感覚だった。わかる人なら伝わると思うが、伊藤潤二先生の「道のない街」という作品の世界観に近い場所に感じた。先生も宿場町として知られる岐阜県中津川市出身のため、もしかしたらこれに近しい場所から着想を得ていたかも・・・なんて妄想するのも一興ですな。

 

静岡県 菊川中央商店街

商店の消えた商店街

静岡県菊川市

都営新宿線ではなく東海道線菊川駅

何気に初めて来るかも。茶所として有名な割に観光地は不毛な町。県民でもこれといった場所が思い浮かばない者は多いだろう。

 

事実として宿泊客と観光客の合算である観光交流数は県内の市でワーストワンという記録を持っている。

 

駅周辺は再開発が進み、商業エリアが駅北のスーパーや家電量販店などの複合施設に集中し、かつて中心市街地であった駅前は閑散としていた。

 

駅前の道路を渡ると商店街があり、遊歩道として整備されている。

 

「菊川中央商店街グリーンモール」と名前はあるが肝心の商店が壊滅状態となっている。

 

再開発に伴って建物のほとんどが真新しい。

商店だった形跡や機能を持つ建物はあるが、ほとんどが住宅という印象。

 

この通り唯一と言っていい飲食店が二軒の飲み屋。

 

商店街の目玉がこの幟。

 

菊川市出身の漫画家小山ゆう先生の描くイラスト。

「がんばれ元気」「おーい龍馬」「あずみ」などが有名。郷土との関わりも深く、昔から菊川茶のパッケージデザインに用いられていたのを覚えている。

 

マンホールも小山ゆうデザインの茶娘。

駅舎の改装前は駅前ギャラリーとしてイラストの展示などがあったみたいだ。

 

商店街に残る赤レンガ倉庫。

保存が難しいということで菊川町と小笠町の合併で菊川市へ移行する際に取り壊す計画だった。しかし保存を望む声が挙がり、観光資源として活かす方向となった。毎週日曜日に一般開放される他、各種イベントなど開催されている。

 

裏手。

この日は音楽イベントがあった模様で楽しそうな声が聞こえてきた。

 

道路を挟んで後半戦。

こちらも学習塾があるだけで商店街らしい風景は見られない。遊歩道沿いの閑静な住宅地といった感じだ。

 

遊歩道の終わり。左側の広場は菊川市市役所のコミュニティセンターになっている。

 

遊歩道から一般道に移るとようやく現役の商店が現れた。

 

「きくがわしんまち」でよろしいでしょうか?

ちょっと不気味な動物たちが並んでおりますね。

 

公園に響く子供たちの声。

 

パンダ!

この辺りも再開発された様子が随所に見られた。

 

そこから進んでいくとようやく趣のある店舗が顔を出す。再開発されたエリアと比べると年季が入っている。時系列は逆となったが、この後に菊川遊郭跡へ寄るため今回の探索はこの辺りで終了となった。

 

 

まとめ

平成の大合併で再開発されてから街がガラリと変わった様子。

商店街のあったエリアは住宅街に変わり、名残が消えてしまったようだ。車社会になってから駅前の商店街は無用の長物になっていたのかもしれない。再開発の際に住宅へ転換した店も多かったのではないだろうか。シャッター街のままよりか建設的であることは分かるが商店街好きとしては寂しい限りだ。

菊川遊郭 静岡県菊川市 

菊川遊郭 通称「茶畑」

静岡県西部に位置する菊川市

お茶の産地として有名な場所だが、それに相応しい通称を持つ遊郭が存在していた。

 

その名も茶畑!

JR菊川駅から徒歩10分弱の住宅街にあるが、現役時代は茶畑で囲まれていたことが由来らしい。静岡県遊郭跡情報はありがたいことに「静岡県遊郭跡を歩く」という著書に詳細が細かくまとまっている。

 

中華料理店跡の隣に趣のある住宅がある。

 

こちら旧「金波楼」と思われる物件。

 

透かし窓の上には淡い青のカラー。

 

ベンガラ色の塀?

 

その他は目立つ特徴なし。

 

そして遺構らしき物件もここだけ。

 

再開発の進む菊川駅前だが、茶畑周囲はレトロな姿で残っている。

 

街道沿いにあるホルモン焼き屋が盛場の残り火か。

 

初咲町という地名は現在では使われていない旧名称。

 

転がる看板。

現役なのか判断の難しいクリーニング店。

店先にあった犬のぬいぐるみは日テレ系ローカル局静岡第一テレビのキャラクター「ダイちゃん」。気がついたらリストラされていて見かけなくなった悲しき犬。俯いてせつない顔してますね・・・。

 

調べると94年から15年の約20年の生涯だった。深夜になるとダイちゃん絵描き歌が延々とリピートされていたのも良い思い出か。

 

以上が菊川遊郭の現在。

ほぼ住宅街という感じだったが、こんな所に遺構が残っていたとは驚きだ。隣の掛川市遊郭跡は何も残っていないからね。

 

次回は再開発の進んだ菊川駅周辺の様子をまとめてみたいと思う。

千本桜商店会 神奈川県大和市

桜満開の千本桜商店会

神奈川県大和市にある千本桜商店会。

傍に流れる引地川沿いの桜並木が自慢の商店街。

バス停は商店「街」だけど商店「会」が正式名称。

ここの存在自体は数年前から認識していたが、せっかくだから春の時期に訪問しようと決めていた場所だ。

 

商店街の構成は片蓋式アーケードのある通りと無い通りで半々といったところ。

 

アーケードは非常に短い。

この日は道路工事があり、常に渋滞していた。

 

屋根は頑丈な鉄筋製。名前の通り桜色のカラーが可愛らしい印象だ。

 

商店街は残念ながら営業している店の方が少ない様子。

 

www.townnews.co.jp

こちらの記事に現状がまとまっている。

要約すると、20年程前は30軒以上の店があったが、現在は7軒を残すのみ。かつては街の中心であったが、高座渋谷駅の再開発に伴って移動してしまったということ。

 

営業している店の周囲を見ても隣が空き地になっていたり、住宅へ転用が目立つ。

 

この無人販売店は新しそう。

 

シャッターの降りた店のほとんどに面影がない。

 

これはレンタルビデオ屋の跡地だろうか。

 

途中にあったバス停から桜を眺める。商店会自慢の桜を見に行こう。

大変美しゅうございます。

曇り空なのが残念だけど、春に来て正解な場所だ。この日も花見客がいっぱい訪れていた。

 

ついでに川沿いをお散歩。

 

千本桜の名前に恥じない圧巻の桜並木。

 

管理が行き届いている印象で季節の花々と桜の共演を楽しむことができた。

 

道路沿いから見ても綺麗。

 

アーケードにあった居酒屋も満員御礼。

24年3月放送のアド街高座渋谷だったということで、この辺りもたくさん取り上げられたみたい。商店街を歩いていたら近所のオバ様に「アド街出たよ〜」と声を掛けられた。

 

商店会の看板はファミリーマートの手前まで続いている。

 

商店街らしい景色は少ないが昔ながらの駄菓子屋に人だかりがあった。人がいなかったら遊びたかったな。

 

以上が千本桜商店会。

小さな商店街であったが美しい春の景色とともに思い出に刻まれた。

また春に会いましょう。

 

www.youtube.com

何とテーマソングが存在する。

聞いてみたが超エモい。心にグッときます。みんなで歌おう。